黒田で走り回る子ども達

2017年5月に移住をしてから半年が経ちました。
子どもが生まれてから4回目の引っ越しを経験しましたが、過去3回はいずれも都会から都会への引っ越しでした。
どの場所もそれぞれに良さがありますが、子どもが遊ぶ環境という点においては黒田が最高です。

元々外遊びが好きな我が家の子どもたちですが、自宅周辺の住宅地では思い切り遊ばせることができませんでした。
車の往来に気をつけながら、当時流行っていたジェイボー(2輪のスケートボード)に乗ったり、かけっこをしたり、自転車に乗ったり。すぐに車が来るから「危ない!車来たよ!」と遊びを止めさせることがしばしばでした。公園も人が多いし、わざわざ車で出かけた先の大きな公園も人が多いと、思い切り体を動かすということがなかなかできませんでした。

黒田に来て、まず、子ども達が喜んだのは、自転車やジェイボーにスイスイ乗れる環境があるということ。
町内を1周するだけでも数百メートルのサイクリングが快適に楽しめます。
以前の家には遊び道具の置き場所もなかったのですが、黒田に引っ越してからはキックボードや一輪車を購入して登校前や帰宅後に乗りまわしています。
子ども達からも「引っ越して良かったな」という声が聞こえる今日このごろです。

伸び伸び外遊びができる田舎暮らし、あなたも初めてみませんか?
移住相談・空き家の紹介などを行っています。

◆京北くろだ里の駅プロジェクトFacebookページ
https://www.facebook.com/kurodasatonoeki/

◆京北くろだ里の駅プロジェクトホームページ
http://kuroda-satonoeki.jp/

以上、京北くろだ里の駅プロジェクトオーナー(3e5)でした。

この記事へのコメント