モデル・プロジェクトに選定されました

11/2に第3回京都市「空き家活用×まちづくり」モデル・プロジェクト公開プレゼンテーションが行われました。

来場者の一般投票も含む審査の結果、京北くろだ里の駅プロジェクトが今年度のモデル・プロジェクトに選定されました!

様式820160920.jpg
http://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/page/0000209533.html

書類やプレゼン資料の作成だけでなく、ゼロからの人的ネットワーク作りやワークショップの開催など、この数ヶ月間に取り組んできたことに対して結果を出すことができ、とても嬉しく思っています。

やっとスタートラインに立つことができました。
これからの活動では、より多くの方と繋がり、関わり、楽しみながらまちづくりの拠点を整備していきたいと思います。

京北・黒田に私達家族がただ「住む」だけではなく、空き家を活用して「まちづくりをする」ということが、これからの私のライフワークとなります。
新しいことに取り組むのには楽しみもありますが、まだまだ未熟な私です。
元々古民家に興味があったわけではなく、田舎暮らしの経験もなく、どうやって改修すれば良いのか…どうやって暮らしを整えていけば良いのか…全く知らないことばかりです。
色んな人の知恵を借りたり、得意分野を持ちこんでもらったり、助けられながら甘えながら一歩一歩進んでいきたいと思います。

12/3(土)には第二回リノベーションワークショップを開催予定です。詳細は追ってブログでもお伝えしますが、興味のある方は是非一緒にまちづくりの拠点作りにご参加ください。

この記事へのコメント