ニワトリのトコちゃん

冬のある日、14:44。 「トコがキツネに襲われたかもしれん」 買い物に出かけていた私のもとへショッキングな知らせが届いた。 夫からの電話に動揺しながらも、なんとか気持ちを奮い立たせて、私はハンドルを握りしめ、帰路を急いだ。 帰宅すると、夫は家の周りを探しているところだった。 「いた?」 「いない」 けたたましい鳴き声、バサバサという羽ばたき、急いで地面を蹴って…

続きを読む